レシピ|クレソンのスープで気管支を労わろう

クレソンのスープ

風邪をひいて咳が気になるときにお勧めのレシピです。

クレソンはビタミンミネラルたっぷり&咳の症状を和らげる効能があります。

咳の症状を和らげるハーブ、ローズマリーとオレガノで香り付けをします。

クレソンのスープ

クレソンのスープの効能

クレソンには血管の拡張作用と抗炎症作用があります。これが咳を鎮めたり、気管支炎の炎症を和らげてくれるんです。

オレガノやローズマリーは、咳止めとして煎じて飲んだりするくらいなので、更に効果をアップしてくれます。

ジャガイモはビタミンCがたっぷりなのと糖質が高いので、熱が出たときのエネルギーチャージにはお勧めの食材です。

でも胃が疲れているようなら入れなくても大丈夫です。

レシピ

  • クレソン
  • 玉ねぎ
  • ジャガイモ
  • オレガノ
  • ローズマリー
  • オリーブオイル
  • 好みで固形スープの素など

玉ねぎとジャガイモは火が通りやすいように小さくカットして、クレソンと一緒にオリーブオイルで炒める。

全体に油が回ってしんなりしたら、熱湯とスープの素を入れて柔らかくなるまで火を通す。

オレガノ、ローズマリーを入れて、ブレンダーにかける。

最後に塩で味を調える。