日記|ハーブロバート、庭に自生する野生のハーブ

ハーブロバート
庭に自生する野生のハーブ

庭に自生する野生のハーブ

ハーブロバート

頭を使うお仕事は午前中に終わらせて、午後からはガーデニング。

奥の方に可愛らしい花を見つけたので調べたところ、野生のハーブでした。

ハーブロバート。

別名:すみやかな死(death come quickly)

物騒な別名ですが、虫よけや整腸剤として使用されてきた歴史があるようです。

可食で葉を乾燥させてハーブティーとして飲用できます。

指で擦ると焼き魚のような臭いがします。

名前の由来

ハーブロバートの別名「すみやかな死」の由来は、ドイツの精霊クネヒト・ループレヒトと関係しているそうです。

クネヒト・ループレヒトとは、悪い子供に罰を与えると言われているブラックサンタクロースのことです。

イギリスでは クネヒト・ループレヒト のことを、ロビン・グッドフェローと呼んだり、同種の精霊だとされています。

このロビン・グッドフェローは、家に不幸(死)をもたらすと言われていることから、ハーブロバートの別名が「すみやかな死」になったのだそうです。